ビジネス

ティファニー買収でLVMHはどうなる? エディターズレター(2020年11月6日配信分)

※この記事は2020年11月6日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

ティファニー買収でLVMHはどうなる?

 世紀の泥沼訴訟合戦に突入か(ちょっとワクワク)!?と思いましたが、意外とあっけなく決着しましたね、LVMHのティファニー買収。新型コロナの影響で、アメリカンラグジュアリー企業ティファニーがアメリカ企業としての道を歩み続けることになるというのも“運命のいたずら”という感じで良いよね、とも思っていたのですが――改めて“婚約”成立です。

 LVMHはうまいですよね。突如フランス政府を巻き込んでの「買収断念」宣言で揺さぶりをかけ、結果ティファニーを約500億円安くゲットしました。1番目の記事に出てくるアナリストも語っていますが、新型コロナによってティファニーの価値が下がったかというと、業績は下がりましたが、ブランドの価値までは毀損されていないと思います。ティファニーも必死に業績を回復させました。ですから、新型コロナの影響をうまく利用して得をしたのはLVMHだったというのが私の見方です。

 そしてもちろんティファニーのマネジメントは交代でしょう。だって、「買収断念」の理由の1つがコロナ禍におけるミスマネジメントでしたから。

 トップの候補者として挙がっているマイケル・バーク=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者(CEO)は、まさにベルナール・アルノーLVMH会長兼CEOの懐刀です。ブルガリを買収した際もトップに就きましたし、今は亡きイヴ・カルセル元会長兼CEO退任後、あまりのプレッシャーに後任CEOが体調不良に陥ったルイ・ヴィトンのトップを引き受けたのもバーク氏でした。10年前からすでに大きかったルイ・ヴィトンをアップデートしながらさらに成長させています。ティファニーのトップに就任したら、インクルージョン&ダイバーシティーやトレーサビリティといったブランドの強みを生かしつつ、さらに発展させていきそうだなと思います。

 でも、もしそうなった時、グループの屋台骨ブランド、ルイ・ヴィトンを誰が引き継ぐのでしょう。アルノー会長兼CEOの下、1兆円ブランドのマネジメントって並大抵ではないですね。ティファニー買収で起こるであろうLVMHのマネジメントシャッフルにも注目したいです。

VIEWS ON WWD U.S.:米「WWD」の翻訳記事から、注目すべきニュースの紹介や記事の面白さを解説するメールマガジン。「WWDジャパン」のライセンス元である米「WWD」は1910年から続くファッション業界専門紙。世界中のデザイナーや企業のトップと強く繋がっており、彼らの動向や考え、市場の動きをいち早く、詳しく業界で働く人々に届けています。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら