ビューティ

米国で政治マーケティングが加速する背景と、大統領選後の見通し【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週はエコノミストによる「政治マーケティング」と「ライブコマースの報酬制度」の話。(この記事はWWDジャパン2020年11月23日号からの抜粋です)

今週の識者
崔真淑/エコノミスト

 米国における大統領選挙とひもづけたグッズ販売が話題になっている。「米大統領選『VOTE』グッズをまとめてお届け!」の記事にあるようなファッションブランド以外にも、「ビューティベイカリー」がバイデン氏をサポートする組織とコラボしたり、ミレニアル世代に人気の「グロシエ」や「ザ リップ バー」などは、ミシェル・オバマの非営利団体「When We All Vote」とパートナーシップを組むなどしている。

 こうしたグッズ販売や企業による支持政党の表明が活発になる背景には、米国の政治における「赤(共和党)」対「青(民主党)」の二極化が進んでいることがある。経済紙「フィナンシャル・タイムズ」によれば、1992年の段階では有権者の65%がどちらについてもおかしくない無党派層だった。しかし2020年になると、無党派層が全体の50%以下まで減っている。

 一方で、極端な共和党支持者、極端な民主党支持者がこの30年間で増え、いまや有権者全体の8%が極端な民主党支持者だ。民主党と共和党の政治の立場が年々乖離し、政治が両極化するにつれ、有権者の政治に対する好き嫌いの度合いも明確に強くなってきている。こうした現状が、消費者の商品購入の動機にも表れている。

この続きを読むには…
残り1834⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら