ビジネス

アソビシステムがインフルエンサーと企業を支援する新組織設立

 アソビシステムはこのほどインフルエンサーと企業のマーケティングを支援する新組織「ASOBI+(アソビプラス)」を設立した。

 同組織では同社がプロダクション事業で培った人材育成力とマネジメント力を活かし、企業からの依頼に沿って最適なインフルエンサーやクリエイターのアサイン、クリエイティブ制作を提案するほか、インフルエンサーの育成やコンテンツ制作を支援する。

 同社は「近年、消費者の商品認知から購入に至る過程におけるインフルエンサーによる影響力がさらに増している。一方で、適正に沿わない企業案件によってインフルエンサー自身が消費されるほか、炎上等によってクライアント企業にも不利益があるケースなど、さまざまな問題も表出している。そこで弊社はインフルエンサーがより自分らしく輝き、正しく影響力を発揮していける仕組みを立ち上げた」と話す。

 立ち上げに伴い、インフルエンサーを活用したマーケティング施策に興味のある企業やメディアの募集を開始した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら