ビジネス

インフルエンサー名鑑Vol.5 メンズビューティを発信する坂本上がファッションや整形、セクシャリティの在り方を回答

 インスタグラムを筆頭とするSNSの普及で、「憧れの人」「なりたい人」が細分化している。今は、誰もが、それぞれの「なりたい人」を持っている時代。ならば、そんな身の回りの人を改めて知るべきではないか?そこで「WWDJAPAN.com」は、インフルエンサーをはじめとするソーシャルリレーション マーケティング事業を手がけるリデルの協力を得て、身近な新世代インフルエンサー名鑑を作成する。

 今回は、数あるメンズビューティ系インフルエンサーの中でも、術後の経過を含め自身の整形をつまびらかにレビューする発信が話題を呼ぶ坂本上。日本料理屋で料理人を務めていたほどの料理好きで、食を通して環境問題や社会問題についても発信している。フォロワーからはファッションや生き方などビューティ以外の質問も多く寄せられた。本人のパーソナルな背景も含めた質問と回答を一挙に公開する(2020年11月9日号の「WWDジャパン」には、彼が現在に至るまでの経緯などを聞いたインタビュー記事を掲載します)。

ビューティやファッションについて

Q.:美容に対するモチベーション源は?

A :「最高に美しい30代を迎えたい」って気持ちが1番の源です。アイドルやモデルなど周りにかわいくてかっこいい、イケてる友達がたくさんいるから「僕もイケていたい!」って思っています。

Q.:初めて整形した時はどんな気持ちでしたか?

A: 不安は何にもなくて、「ようやくやれる!」というワクワクした気持ちしかなかったです。

Q.:男性におすすめの化粧品は?

A:肌の“鎮静の日” “再生の日” “保湿の日”とその日のテーマを決めて、基本的に毎日同じものは使わず、それぞれのポイントで優れたコスメをローテーションしています。セルフ美容を始めたばかりで、なにをしていいか分からない人は、男性向けのコスメで皮脂や毛穴などをトータルケアしてくれるものがおすすめです。

Q.:好きなファッション・ビューティブランドは?

A:今1番の気に入っているのは韓国のスキンケアブランド「ユイラ(EUYIRA)」です。ファッションはハイブランドからプチプラまでなんでも着ますけど、楽で、なおかつかわいい、そしてスタイルがよく見えるブランドという点で「イクミ(IKUMI)」が好きです!ヨーロッパブランドだと「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI ALEXANDRE MATTIUSSI)」が好きです。

Q.:服を買うときに大切にしている考えと、よく行くお店を教えてください。

A:よく行く服屋は「イクミ」や「H&M」「ザラ(ZARA)」「アクネ ストゥディオズ」「ユニクロ(UNIQLO)」「コス(COS)」などです。スタイルに恵まれているわけではないので、「いかにスタイルがよく見えるか」を重視しています。

Q.:着る服へのこだわりは?

A:環境負荷の少ない素材を使用していたりエコフレンドリーだったり、フェアトレードな取り組みをしている企業やブランドの洋服を選ぶことが多いです。僕はそれらを総じて “愛のある企業”と呼んでいます。ファッションを楽しむことは人間の特権だと思うので、「古着しか買わない!」などジャンルを狭めることはしません。ただ楽しむことを忘れず、自分の買い物や行動で悲しい人が生まれない選択をしたいと意識しています。

Q.:ファッションやメイクで影響を受けている人物は?

A:韓国のボーイズグループTHE BOYZ(ザボーイズ)が大好きで。彼らのステージ衣装やヘアメイクは、とても可愛いです。特にメンバーのNEW(ニュー・本名チェ・チャニ)のファッションが好き。私服も可愛いので、スタイリングの色使いやアイテムの取り入れ方などは参考にしています。僕は顔もスタイルも良くありませんが、雰囲気が似ていると言われることもあるので、彼が似合うものは僕も似合うかなって勝手に思っています(笑)。

Q.:身長のコンプレックスを無くすにはどうすればいいですか?

A:インソール!僕は毎日入れています(小声)スタイリングでは縦長のシルエットを意識し、どこにボリュームを持ってくると脚が細く綺麗に見えるか、顔が小さく見えるかを意識しています。でも、僕は「別に背が低くても高くても、あなたらしくて素敵じゃない?」と思います!だから僕だってソールの薄い「コンバース(CONVERSE)」のスニーカーも履く。背が小さいのをコンプレックスだとは思わないですね。

Q.:自撮りをするときのアプリやフィルターなどの、加工方法やこだわりを教えてください。

A:僕はフィルター類を一切使わずiPhoneの標準カメラで、なおかつ太陽光が差している時に撮影しています。綺麗な写真を出来るだけ高画質で撮って、それを中国発のアプリ「美図秀秀(メイトーシュシュ)」で修正します!

日々の過ごした方や好物

Q.:普段はどういう生活をしているか知りたいです。

A:週4日パリ発のオーガニックスーパーでアルバイトしています。あと、豆腐のようにすぐ崩れるメンタルなので、週末は絶対に大好きな人たちとお酒を飲んで楽しむようにしています。1人も嫌いではありませんが、何の理由もなく病む(仕事にも行けないレベル)ので人と意識的に会うようにしています。

Q.:一番好きな食べ物やお酒は?

A好きな食べ物は麻辣湯 (マーラータン)です。中国料理の辛いスープで、食べる時はいつも超激辛にしてもらいます。お酒はなんでも飲みますが、ナチュールやビオワインが好きです。お酒に詳しい人に原料や作り手のストーリーを聞きながら飲むのが好きです!基本的に嫌いな物がなくてなんでも美味しいと思うタイプなので、味も特に気にしません(笑)。

Q.:自粛期間中に何か始めたことは?

A :ユーチューブチャンネルを開設したのですが、僕はぜんぜんマメではないのでもう5カ月ほど更新していません。ユーチューバーはすごいなと思いましたね。でも新しいことにどんどん挑戦して、飽きたらすぐやめるのも僕の性格の好きなところです(笑)。
人生の指針や生き方

Q.:一番大事にしていることは?

A: インフルエンサーですが、SNSの製品レビューでは優れている点はもちろん、納得いかないことがあれば伝えるようにしています。あとはコスメなどのPR案件ならしっかり製品を使ってから、僕のリアルな声も含めてレビューすることを心がけています。人生で大事にしているのは全部を楽しむこと!

Q.:セクシャリティについての考えた方を聞きたいです。

A:さまざまな意見があると思うけど、僕は「自分の気持ちに正直に、好きな人を好きになったらいいじゃん!」と思います。好きになった人が同性か異性かだけの話。“男”と“女”としてではなく、一人の“人”として見ようよって思います。男だからスカートを履いたらおかしいとか、女の子だから髪を伸ばして化粧しなきゃいけないとかって誰が決めたの?時代は変化するし、ありのままの自分で生きることが素敵だと思う。自分を愛することが1番大切!

Q.:将来の夢は?

A:素敵な人と美味しい食材で作るご飯屋さんやカフェをしたいなと考えています。僕は何か始めたら自分で全部やりたいタイプなので、もし自分の店を始めたら仕事マンになっちゃいそう。今はたくさん遊んで飲んで寝たいので、40代後半くらいで始められたらと思っています(笑)。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら