ファッション

セレーナ・ゴメスやシャーリーズ・セロンらが「LV」2021年春夏の“VOTE”Tシャツで投票呼びかけ

 11月3日の米大統領選挙を前に、著名人による投票の呼びかけが活発になっている。歌手で女優のセレーナ・ゴメス(Serena Gomes)は1日、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の“VOTE(投票しよう)”とプリントされたTシャツを着用した自身の写真を、インスタグラムのストーリーズに投稿した。

 セレーナ・ゴメスのほか、女優のジュリアン・ムーア(Julianne Moore)やシャーリーズ・セロン(Charlize Theron)、ローラ・ハリアー(Laura Harrier)、ソーフィー・ターナー(Sophie Turner)らもこのTシャツを着用した写真をインスタグラムで公開し、投票を呼びかけた。“VOTE”Tシャツを着用した5人はいずれも多くのフォロワーを抱える自身のSNSプラットフォームを活用し、投票の呼びかけやBLM運動へのサポートを以前から行っている。

 “VOTE”のニットのグラフィックは10月6日に発表された「ルイ・ヴィトン」2021年春夏コレクションのファーストルックで、モデルのエミリー・ミラー(Emily Miller)が着用したニットのプリントと同様のもの。「ルイ・ヴィトン」のウィメンズ・アーティスティック・ディレクターであるニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)は、「ルイ・ヴィトン」が昨年10月に米テキサス州に新たな工房を開いた式典で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者(CEO)が握手を交わしたことに関し、自身のインスタグラムで不快感を露わにしていた。

 当時の投稿でニコラは「私はファッションデザイナーとして、このつながりを拒否する。 #トランプはお笑い種だ #ホモフォビア」などと述べ、これとともに米歌手イヴリン・トーマス(Evelyn Thomas)が1984年に発表した「ハイエナジー(High Energy)」のジャケット写真もアップ。同曲はゲイクラブでも人気があったという。

 トランプ政権は保守派の支持層を意識し、トランスジェンダーの米軍入隊禁止などLGBTQI+コミュニティの権利保護に反する政策を行ってきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。