ビューティ

コーセーが旗艦店「メゾン コーセー表参道」オープン 入店から購入まで非接触で完結するサービスも

 コーセーは12月17日、フラッグシップストア、メゾン コーセー(MAISON KOSE) 表参道をオープンする。昨年12月に開設した銀座店に次ぐ店舗で、同社が展開する百貨店からドラッグストアに向けたブランドをそろえるほか、非接触型の接客など独自の美容サービスを提供する。
 
 同社は、中長期ビジョン“VISION2026”で掲げるパーソナルな顧客体験を体現するため、コーセービューティ プラットフォーム(これまでそれぞれの顧客接点で一方向に発信していた情報を、全方位かつ双方向で有機的に結びつけ、お客と直接つながる独自のデジタルプラットフォーム)構想を構築。19年11月にメゾン コーセーオンライン、12月にコンセプトストア、メゾン コーセー銀座を開設した。表参道店も消費者との戦略的タッチポイントの役割を担う。
 
 同店ならでは取り組みは、入店から購入まで非接触で完結できるショッピング体験を実現すること。オートテスター機能やオンラインコミュニケーション、オートサンプリングサービス、完全キャッシュレス決済、AR肌診断ソリューション、OMO購入(店舗で見てECで購入)をかなえる。

 店舗面積は約200平方メートル。地下1階〜地上2階で構成する。地下1階は、ブランドを横断してスキンケアやメイクアップ、ヘアケアのカテゴリーをテーマごとに展開する。1階はハイプレステージブランド「コスメデコルテ(DECORTE)」の新たなカウンターデザインを日本で初めて導入する。12月20 日には中国上海にも、同じデザインの直営店をオープンする予定。日本では同店でのみ味わえるブランド独自のラグジュアリーな空間を創出。また代表製品の“モイスチュア リポソーム” やフレグランスのオートテスターを設置し、非接触で商品体験ができる。

 2階はメイクアップアーティストブランド「アディクション(ADDICTION)」の商品や世界観を体感できるスタジオをオープン。新商品の先行体験や専属アーティストによるメイクレッスンの実施、フォトスポットの設置など、お客がメイクアップを通して非日常を味わえる空間を提供し、ブランドの情報発信の拠点としても活用する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら