ビューティ

コーセー子会社からメンズスキンケア「マニフィーク」誕生 アマゾンなどで販売

 コーセーの子会社であるコーセーコスメポートからメンズスキンケアブランド「マニフィーク(MAGNIFIQUE)」(全5品、1200~2500円※編集部調べ)が誕生する。東京・銀座の直営店メゾンコーセー(公式サイトも含む)とアマゾンで9月1日から販売する。

 同社は活性化するメンズ市場に向け「マニフィーク」を立ち上げた。コンセプトは“循環美容”で、植物由来保湿成分やマリン由来保湿成分をはじめとする、ナチュラル由来成分を豊富に配合。肌が持つ潤いの巡りを整え、余分な皮脂や古い角質を取り除き、くすみや淀みのない肌をかなえる。また、ベタつきや乾燥、毛穴が気になる肌に潤いの膜を作ることで、乾燥を防ぐほか、洗顔や髭剃り後のバリア機能をキープし、肌の水分バランスも整える。

 製品は洗顔と化粧水、乳液、オールインワンジェル、フェイスマスクを扱い、全品共通で天然香料を配合したフローラルウッディの香りも特徴。

 同社は、「マニフィーク」と同時期に発売する機能特化型スキンケアブランド「デルマサージ(DERMA SURGE)」とともに、機能性やターゲットを明確に打ち出した2つのブランドを導入し、ブランドの多様性を高めセルフ市場における新規顧客の獲得を図っていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら