ニュース

コーセー「インフィニティ」の最高峰ラインが10年ぶりに刷新

 コーセーは10 月16日、ハイプレステージスキンケアブランド「インフィニティ」の最高峰ライン「プレステジアス」を10 年ぶりにリニューアする。量販店とドラッグストアで販売するほか、中国や台湾、シンガポールなど10 の国と地域でも展開する。

 同ラインは2010 年の誕生。加齢による“顔立ちの変化”に着目したエイジングケアラインとして、日本やアジア地域の女性に支持されてきた。19年から女優の夏木マリとモデルの中村アンをブランドミューズに起用するが、「夏木さんの溢れる生命感にインスパイヤーされ、今回の刷新につながった。肌のたるみ領域に着目し再建をテーマに作り上げた」と鎌田昌人コーセー コンシューマーブランド事業部事業部長。

 同社の調査により、ハリが上向き、ゆるみのない肌は、「人生が充実していそう」「前向きな」「自信がありそう」といった生命感あふれる印象をあたえることが分かった。これまでも “肌五感(質感・光沢感・色感・弾力感・立体感)”を追求してきたが、今回はさらに立体感にこだわった。

 そこで肌のたるみの一因であるSMAS筋力に着目。加齢などにより衰えがちなSMAS筋力を“再建”させるハナショウガエキスやタチジャコウソウエキスを組み合わせた独自成分SMAS R ビルドテクノロジーを配合。艶やかに輝きハリ感のある肌に導く。

 クレンジングと洗顔料、化粧水、乳液の全4品をそろえ、メインアイテムの「クレンジングバーム」は美容オイルを濃縮したもので、コクのあるタッチで肌を解きほぐしながら、メイクアップや気になるくすみや汚れを取り除く。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら