ニュース

「シロ」から4年ぶりにヘアケア登場 コロナ禍の需要増で急きょ開発

 「シロ(SHIRO)」はこのほど4年ぶりにヘアケアシリーズを発売した。メイン成分は、スキンケア製品にも使われるエイジング効果に優れた熱帯植物のニーム。スキンケア同様にクレンジングオイル、セラム、バーム(3800~6800円)をそろえ、新たなヘアケア習慣も提案している。

 同ブランド担当者によると「コロナ渦で自分に向き合う時間が増え、これまで手早く済ませていたヘアケアやスペシャルケアのニーズが生まれているため急きょ“ニームヘアケアシリーズ”を開発した」とのこと。また、メイン成分のニームは「効果効能に優れ、全草を使用できる点からもエシカル」だという。ちなみにブランドとして環境問題にも配慮したモノ作りを早い段階から進めており、今年から外箱を希望しない購入者に3%オフの価格で提供する“エシカル割”を導入(一部店舗と公式オンラインストア限定)。今回の製品もエシカル割の対象となる。

 ヘアケア製品は、日焼けやエアコンによる乾燥、蒸し暑さ、汗など知らずにダメージを受けている頭皮ケアに重点を置いたもの。頭皮や髪に潤いと健やかさを保つニームのほか、すっきりとした使用感のジンジャーや、荒れやすい頭皮を保護するカンゾウなども配合する。「ニーム頭皮クレンジングオイル」は毛穴汚れや詰まりをオフしながらクセやうねりのない髪に導く。

 「ニーム頭皮セラム」は頭皮を柔らかく健やかに保ち、紫外線などによる地肌の乾燥やかゆみ、カラーリングやパーマなどによる髪のダメージにアプローチする。「ニームヘアバーム」は乾燥しやすい髪に潤いと栄養を与える。髪だけでなく手肌や全身にも使用できるマルチバームとなっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら