ビューティ

動画:国内外のデジタル世代にも発信 銀座にオープンした「メゾン コーセー」

 コーセーは、デジタルと体験を融合した新コンセプトストア「メゾン コーセー(MAISON KOSE)」を12月17日に東京・銀座にオープンした。1〜2階の2層展開で、1階は3カ月ごとに変わるポップアップスペースで、第一弾は同社が2014年に傘下に収めた米・化粧品ブランド「タルト(TARTE)」を提案。日本初展開となる同ブランドの世界観を余すことなく発信している。2階はアルビオンをのぞく、同社ブランドを一堂に集積。スキンケアやメイク、ヘアケアなどカテゴリーごとにブランドを横断して配置する。また、パナソニックが開発中の「スノービューティーミラー」やカシオ計算機と共同開発したネイルプリンターも設置した新しい形のショップで、日本人および外国人にもアピールしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら