ファッション

「ステラ マッカートニー」からサステナブルな“下着水着” 廃棄ゼロを目指した設計 

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、スイムウエアとアンダーウエア両方の機能とスタイルを併せ持つカプセルコレクション“ステラウェア(Stellawear)”発売した。前後リバーシブルのセパレートウエアやデイウエアのインナーなど、さまざまな着方が楽しめるアイテムで、たくさんのものを買いそろえることなく、限られたアイテムで幅広いコーディネートを楽しめるようデザインしている。

 ポイントはボディラインを美しく引き立てる点で、通気性と耐塩素性に優れた素材を用いたこと。素材は環境に配慮して生産されたジャージーやリサイクル素材を90%使用したレースなどで、例えば、イタリアのアクアフィル(AQUAFIL)社の再生ナイロン“エコニール(ECONYL)や旭化成のスパンデックス「ロイカ」の“エコスマート(ROICA Eco-Smart)”などを用いている。

 価格帯はブラが1万4000円~、ショーツが1万4000円~、ボディスーツが3万3000円~で、公式オンラインストアと一部店舗で販売中だ。

 ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)は21年春夏のデジタルプレゼンテーション発表後に開催したカンファレンスで“ステラウェア”についても言及。「何年もかけて取り組んできたことで、ようやくお披露目できました。着ることで体をサポートし、自分に自信が持てるようになるというアイデアであると同時にそれを着たまま泳ぐこともできます。生産するものを減らすということもサステナビリティにつながります。ランジェリーと水着をひとまとめにして商品を一つ減らし、さらに99%ゼロウエイストのパターンになっています。いつの日か、テクノロジーのおかげで100%ゼロウエイストを実現できるようになればと願っています」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら