ビジネス

アマゾン「プライムデー」、出店業者の売り上げが3600億円超と過去最高に

 アマゾン(AMAZON)は、有料会員向けのセール「プライムデー(Prime Day)」を10月13、14日に世界19カ国で開催した。今回で6回目。例年は7月に実施しているが、今年は新型コロナウイルスの影響を踏まえて延期した。

 同社は全体の売上高を開示していないものの、出店業者による売り上げは35億ドル(約3675億円)を超え、前年比60%増となっている。これにはコロナ禍で自由に外出できないためECで買い物をする消費者が増えたことや、延期によってホリデーシーズンの需要を捉えられたことが寄与している。また、対象商品を10ドル(約1050円)以上購入すると、セール期間中に使える10ドルのクーポンがもらえるキャンペーンを事前に実施したことも売り上げを大きく後押しした。

 ジェフ・ウィルク(Jeff Wilke)=アマゾン ワールドワイド・コンシューマー部門最高経営責任者は、「サードパーティーの販売業者の多くは中小規模の会社だ。彼らをサポートする意味もあり、今回は例年よりも事前のプロモーションに力を入れたので、記録的な売り上げとなってうれしく思う」と語った。

 期間中、最も売れたのは寝具、ワイヤレス製品、電子機器、ウエルネス用品など。個別の商品ではアイロボット(IROBOT)社のロボット掃除機ルンバ(Roomba)、レゴ(LEGO)社のスターウォーズ ストームトルーパー ヘルメット(Star Wars Stormtrooper Helmet)、ストロー型の浄水フィルターのほか、アマゾンが手掛けているスマートスピーカーのエコー ドット(Echo Dot)や、アレクサ(Alexa)に対応したファイヤーTVスティック 4K(Fire TV Stick 4K)などだった。

 国別に見ると、米国では前述のルンバや浄水フィルターに加えて、Wi-Fiでガレージのドアを開閉できる装置、ビタミン剤、カードゲームがトップセラーだった。英国では掃除機、チョコレート、電気歯ブラシが、イタリアではサッカーゲーム、コーヒーカプセル、マスクが、アラブ首長国連邦ではマウスウォッシュ、スマートフォン用ヘッドセット、コーヒーマシンがよく売れた。日本では、カーテンや照明をアプリでコントロールできるスマートスイッチ、衣料用の漂白剤、ミネラルウォーターが売れ筋商品だった。

 アマゾンによれば、プライム会員数は世界で1億5000万ほどとなっており、「プライムデー」のセールでおよそ14億ドル(約1470億円)を節約できた計算になるという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら