ビジネス

「イオンモール名古屋みなと」が21年2月で営業終了

 イオンモールは7日、名古屋市港区で運営する大型ショッピングセンター(SC)の「イオンモール名古屋みなと」の営業を2021年2月で終了すると正式発表した。自社も含めた大型SCが近隣に増えて苦戦していたところに、新型コロナウイルスによる消費低迷が追い打ちをかけた。

 イオンモール名古屋みなとは1999年に「ベイシティ品川」として開業し、2011年に現在の名称に変更して、21年にわたって営業してきた。総賃貸面積4万4000平方メートル。シネコンなどもある広域型のモールだったが、コロナ以前からテナントの撤退が多く、館内は空所が目立っていた。

 周辺の競合激化の影響も小さくない。名古屋市は全国屈指の大型SC激戦区であり、市の中心部を囲むようにイオンモール熱田(03年開業)、イオンモールナゴヤドーム前(06年開業)、イオンモール大高(08年開業)、イオンモール新瑞橋(10年開業)、イオンモール名古屋茶屋(14年開業)が点在する。特にイオンモール名古屋茶屋はイオンモール名古屋みなとと5kmしか離れておらず、主要テナントや顧客が流出した。さらに18年に三井不動産が2kmの場所に「ららぽーと名古屋みなとアルクス」を開業させたことが決定打になった。かつてイオンモール名古屋みなとにはテナントが120入っていたが、現在は60に減っていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら