ビジネス

イオンモール社長「中国の回復は思った以上に早い」 全施設が営業再開

 イオンモールの岩村康次社長は9日に開催された2020年2月期決算会見で、運営する全てのショッピングセンター(SC)が営業再開した中国について「思った以上に回復が早い」と述べた。同社は1月に新型コロナウイルスが発生した武漢を含めて21施設を中国で運営。全館休業や縮小営業などを余儀なくされ、既存施設の専門店売上高は1月こそ5%減で済んだものの、2月が92%減、3月が67%減と大打撃を受けた。武漢の都市封鎖の解除を受けて、このほど全施設の再開に至った。岩村社長は「年度内にかけて従来の水準への回復を見込む」としている。

 日本国内では7都府県で食品スーパーやドラッグストアなどを除き休業している。コロナ収束後の見通しについては「長引くか、短期間かで状況が全く異なるため、予想は難しい」「ただ中国の経験を踏まえれば、生活インフラとしての大型モールが生活に欠かせない存在であり、その役割に応えていきたい」と話した。

 同社の20年2月期業績は、営業収益が前期比3.6%増の3241億円、営業利益が同14.7%増の607億円、純利益が同2.1%増の342億円だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら