ファッション

「ザ・ノース・フェイス」からマタニティウエアの第3弾を発売 通気性にフォーカスした薄手の防寒アウター

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE以下、TNF)」は10月2日から順次、マタニティウエアの第3弾を全国の「TNF」直営店や取り扱い店、公式オンラインストアで発売する。第3弾は、通気性にフォーカスした薄手の防寒アウター“マタニティ ベントリクス カーディガン(MATERNITY VENTRIX CARDIGAN)”を製作した。価格は3万3000円で、サイズはS〜L。カラーはモアブカーキとブラックの2色展開だ。

 同アウターは通気性を良くしたことで、妊娠中の女性の代謝が上がり汗をかきやすくなる不快感や汗冷えの軽減、アウターの着脱が不要で動きやすいところが特徴だ。通気を促す裏地や中綿は、主に背中や肩回りに配し、腹部を冷やしにくいように設計した。また通気性だけでなくストレッチ性もあるため動きを妨げにくく、産後の活発な子どもとの野外遊びにも快適だ。両サイドのファスナーを開けることでマチができ、腹囲にもゆとりをもって着用できるため、産前産後にわたり、さまざまなシーンで長く使用することができる。

 「TNF」は2018年から、世界各国で“#SHEMOVESMOUNTAINS”をテーマに、女性の挑戦や冒険を応援するメッセージを発信している。日本国内では、19年秋冬シーズンから同テーマに加え、“私が動けば世界が動く”という独自のステートメントを掲げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら