ファッション

「ザ・ノース・フェイス」からマタニティウエア第2弾 ベビーポンチョを連結したママ用レインコートなど

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は4月上旬から、マタニティウエア第2弾を一部の直営店や取り扱い店、公式オンラインストアで順次販売する。

 商品ラインアップは、ママ用のレインコートのフロントに、単体でも使えるベビーポンチョを連結したアイテム(3万8000円)や、脇のファスナーの開閉で復囲のサイズ調整ができて、肩ひもを下さずにトイレで対応できるオーバーオール(2万2000円)、授乳口を配した半袖ワンピース(1万3000円)。さらにタンクトップ、ロングパンツ、トラウザー、靴下など、全7型。長年のアウトドア製品の開発で培った機能性を取り入れて、身体的に負担の多い妊娠中から、子どもとの外出が増える産後まで活躍するウエアをそろえる。

 なお、「ザ・ノース・フェイス」は2018年から“#SHEMOVESMOUNTAINS”をテーマに、女性の挑戦や冒険を応援するメッセージを発信している。これに加え2019年からは、日本独自のテーマとして「私が動けば世界が動く」を掲げ、女性向けの商品開発も強化。マタニティラインもこの取り組みの一環として、同年10月に第1弾をスタートした。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら