ビジネス

しまむら、中国の全6店舗を閉店へ コロナで見通し立たず

 しまむらは28日、中国で展開する全6店舗を閉店すると発表した。新型コロナウイルスの影響で今後の業績回復は困難と判断した。上海を拠点に展開する店舗を9月から11月かけて順次閉める。鈴木誠社長は「中国市場をあきらめたわけではない。会社の機能(中国子会社)はそのまま残し、コロナ終息後には再出店したい」と話す。

 中国事業は同社の100%子会社である飾夢楽(上海)商貿有限公司が、日本の「ファッションセンターしまむら」に相当する「飾夢楽(しむら、英表記はSHIMALA)」の出店を2012年から開始し、16年2月期には14店舗まで増やしていた。だが採算が合わず、近年は退店が続いていた。19年2月期の11店舗・売上高5億4900万円が、20年2月期には1月に発生したコロナの打撃もあって8店舗・3億4700万円になっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら