ファッション

カルチャー誌「リチャードソン」が「ヒステリックグラマー」とコラボ Tシャツ、フーディーなどを発売

 ニューヨーク発のカルチャー誌「リチャードソン(Richardson)」は「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」とのコラボコレクションを9月12日に発売する。東京・原宿の「リチャードソン」旗艦店と「ヒステリックグラマー」の公式ECサイトで取り扱う。

 アイテムは、ヒステリックグラマーのアーカイブから引用した“Junkie’s Buddy Powder”と“Rocker”のグラフィックを施したTシャツ(2型、各1万1000円)、ロングTシャツ(1万5000円)、フーディー(2型、各3万3000円)を用意した。

 「リチャードソン」のクリエイティブ・ディレクター、アンドリュー・リチャードソン(Andrew Richardson)と「ヒステリックグラマー」を手掛ける北村信彦は友人で、1998年に「リチャードソン」が創刊された際に最初に広告を出したのも「ヒステリックグラマー」だったという。リチャードソンは「今回のコラボレーションはわれわれの長い友情関係へのオマージュである」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら