ファッション

カルチャー誌「リチャードソン」が「ヒステリックグラマー」とコラボ Tシャツ、フーディーなどを発売

 ニューヨーク発のカルチャー誌「リチャードソン(Richardson)」は「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」とのコラボコレクションを9月12日に発売する。東京・原宿の「リチャードソン」旗艦店と「ヒステリックグラマー」の公式ECサイトで取り扱う。

 アイテムは、ヒステリックグラマーのアーカイブから引用した“Junkie’s Buddy Powder”と“Rocker”のグラフィックを施したTシャツ(2型、各1万1000円)、ロングTシャツ(1万5000円)、フーディー(2型、各3万3000円)を用意した。

 「リチャードソン」のクリエイティブ・ディレクター、アンドリュー・リチャードソン(Andrew Richardson)と「ヒステリックグラマー」を手掛ける北村信彦は友人で、1998年に「リチャードソン」が創刊された際に最初に広告を出したのも「ヒステリックグラマー」だったという。リチャードソンは「今回のコラボレーションはわれわれの長い友情関係へのオマージュである」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら