ビジネス

瀧定名古屋がスウェーデン企業と抗ウイルス・抗菌加工技術のサプライヤー契約締結 新型コロナ禍に対応

 繊維商社の瀧定名古屋はスウェーデンの溶剤メーカー、ポリジン社(POLYGIENE)と国内初のオフィシャル・サプライヤー契約を締結した。ポリジン社が手掛ける抗ウイルス、抗菌防臭加工技術を施した素材を2021-22年秋冬シーズンから国内外で販売する。

 ポリジン社が持つ抗ウイルス加工技術“バイラルオフ(ViralOff)”の特徴は、塩化銀を有効成分として、特定のウイルスを繊維上から2時間以内で99%以上を削減できること。また、抗菌防臭加工技術“ポリジン(Polygiene)”は塩化銀を有効成分とし、24時間以内にバクテリアを99%以上削減させ、バクテリアが原因とされる臭いの発生を抑制する。

 ポリジン社は世界各国に販売代理店を持ち、同社の加工技術は世界150社以上のブランドが使用している。

 瀧定名古屋は、「新型コロナウイルスの世界的な流行に伴い、抗菌、抗ウイルス加工を施した素材への要望は高まっている。今後、ファッション衣料以外の分野にも販売を拡大したい」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら