ビジネス

瀧定名古屋がスウェーデン企業と抗ウイルス・抗菌加工技術のサプライヤー契約締結 新型コロナ禍に対応

 繊維商社の瀧定名古屋はスウェーデンの溶剤メーカー、ポリジン社(POLYGIENE)と国内初のオフィシャル・サプライヤー契約を締結した。ポリジン社が手掛ける抗ウイルス、抗菌防臭加工技術を施した素材を2021-22年秋冬シーズンから国内外で販売する。

 ポリジン社が持つ抗ウイルス加工技術“バイラルオフ(ViralOff)”の特徴は、塩化銀を有効成分として、特定のウイルスを繊維上から2時間以内で99%以上を削減できること。また、抗菌防臭加工技術“ポリジン(Polygiene)”は塩化銀を有効成分とし、24時間以内にバクテリアを99%以上削減させ、バクテリアが原因とされる臭いの発生を抑制する。

 ポリジン社は世界各国に販売代理店を持ち、同社の加工技術は世界150社以上のブランドが使用している。

 瀧定名古屋は、「新型コロナウイルスの世界的な流行に伴い、抗菌、抗ウイルス加工を施した素材への要望は高まっている。今後、ファッション衣料以外の分野にも販売を拡大したい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら