ビジネス

抗ウイルス加工の“着るマスク”Tシャツ発表 タキヒヨーが初のクラウドファンディングに挑戦

 繊維商社のタキヒヨーは、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で高機能Tシャツ“着るマスク”の支援募集を開始した。

 “着るマスク”はタキヒヨーが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となった大規模イベントで受注していたTシャツの生産がキャンセルになったことから、在庫になった8000着分にあたる約6000mの生地を有効利用したもの。“ウィズコロナの生活に少しでも役に立つ製品を作る”というコンセプトのもとでプロジェクトをスタートさせた。

 特徴は、洗濯しても⻑持ちする抗ウイルス加工だ。“抗ウイルス加工で清潔に着られる、まるでマスクみたいなTシャツ”という点から“着るマスク”と名付けた。綿100%の天竺編みの生地は1枚でも透けにくい厚地で、ふんわりと優しい肌触りの上質な素材は、カットしてマスクにリメークすることも可能だ。抗ウイルス加工は、マルゼンと協業した。

 商品はメンズとウィメンズが3500円、キッズが2500円で、各⽩と⿊の2色展開。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら