ファッション

タキヒヨーがLA発ラグジュアリー・ゴルフブランド「ジーフォア」と国内代理店契約を締結

 繊維商社のタキヒヨーは、アメリカ・ロサンゼルスのラグジュアリー・ゴルフアパレルブランド「ジーフォア(G/FORE)」と日本国内の正規代理店契約を締結した。

 2011年に設立された「ジーフォア」は、鮮やかな色使いのゴルフグローブをはじめ、ゴルフシューズ、アクセサリー、アパレルなど幅広く手掛けている。機能性とファッション性、クラシック感とモダンなアスリートのイメージを融合させたデザインが特徴で、ゴルファーはもちろん俳優やミュージシャンなどセレブリティーにも愛用者が多いという。価格はシューズが2万9000~3万8000円、グローブ5000円、キャップ7000~8000円など。タキヒヨーは大手ゴルフ用品専門店を中心に卸売りを拡大するとともに、10月上旬には新宿西口ハルク店に出店を予定している。

 同社が以前から販売しているゴルフ&カジュアルウエアブランド「ゾーイ(ZOY)」に加え、先ごろ韓国のコーロンインダストリーFnCとアパレルのライセンス契約を締結したゴルフウエア「ワック(WAAC)」と合わせて3つのゴルフウエアブランドを、8月5日に「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」に出店した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら