ニュース

タキヒヨーがLA発ラグジュアリー・ゴルフブランド「ジーフォア」と国内代理店契約を締結

 繊維商社のタキヒヨーは、アメリカ・ロサンゼルスのラグジュアリー・ゴルフアパレルブランド「ジーフォア(G/FORE)」と日本国内の正規代理店契約を締結した。

 2011年に設立された「ジーフォア」は、鮮やかな色使いのゴルフグローブをはじめ、ゴルフシューズ、アクセサリー、アパレルなど幅広く手掛けている。機能性とファッション性、クラシック感とモダンなアスリートのイメージを融合させたデザインが特徴で、ゴルファーはもちろん俳優やミュージシャンなどセレブリティーにも愛用者が多いという。価格はシューズが2万9000~3万8000円、グローブ5000円、キャップ7000~8000円など。タキヒヨーは大手ゴルフ用品専門店を中心に卸売りを拡大するとともに、10月上旬には新宿西口ハルク店に出店を予定している。

 同社が以前から販売しているゴルフ&カジュアルウエアブランド「ゾーイ(ZOY)」に加え、先ごろ韓国のコーロンインダストリーFnCとアパレルのライセンス契約を締結したゴルフウエア「ワック(WAAC)」と合わせて3つのゴルフウエアブランドを、8月5日に「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」に出店した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら