ファッション

繊維商社タキヒヨーが韓国ゴルフウエア「ワック」と契約 イ・ボミ選手が着用

 繊維商社のタキヒヨーは、韓国コーロンインダストリーFnCが取り扱うゴルフウエア「ワック(WAAC)」とアパレルライセンス契約を締結した。

 ブランド名は、“WIN AT ALL COSTS(どんな犠牲を払っても勝つ)”の頭文字からとった。角が生えた悪魔のブランドキャラクター“ワッキー”が人気で、韓国のプロゴルファーの支持が高く、アメリカの男子ツアーに参加しているケビン・ナ(Kevin Na)やチャン・キム(Chan Kim)両選手と契約しているほか、イ・ボミ(Lee-Bo-mee)選手とは1月1日にウエア契約を結んだ。韓国では路面店や百貨店インショップなど43店舗(2月末現在)で販売している。

 商品はメンズとウィメンズがあり、価格はトップス1万8000~2万円、パンツ1万8000~2万6000円、キャップ7000円、シューズ2万4000~2万8000円など。3月28日に東京・新宿の小田急ハルクに、4月23日に大丸神戸店に出店する予定で、タキヒヨーの直営店メランジトップ名古屋店でポップアップショップオープンも計画している。2021年に百貨店、直営店など10店舗に拡大する計画だが、売り上げ目標額は非公表。

 タキヒヨーはゴルフウエア「ゾーイ(ZOY)」も手掛けているが、同社は「『ゾーイ』とは全く異なる顧客獲得のため、『ゾーイ』ではできないような新たな施策により売り上げ拡大を目指したい」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら