ニュース

タキヒヨーが宮城県の被災地支援に協力 「ガマ ロック フェス」に8回連続参加

 繊維商社のタキヒヨーは、9月21日に宮城県塩竈市みなと公園で開催されるイベント「ガマ ロック フェス2019(GAMA ROCK FES2019)」に協力企業として参加する。「ガマ ロック フェス」は2011年の東日本大震災直後から、宮城県塩竈市出身の写真家・平間至とDragon AshのATSUSHIが街の支援活動の一環としてスタートさせたもので、音楽、アート、フードを融合したイベント。

 タキヒヨーは「ガマ ロック フェス」がスタートした12年から継続して参加している。8回目となる今回は、ロゴ入りオフィシャルTシャツや平間至が撮影したフォトプリントを使用してタキヒヨーがデザインしたTシャツ(各種2500円)などを製作しているほか、同社の総合職、デザイナー職、事務職などの社員19人の有志が、服をリメイクするワークショップや、来場者にボディーペインティングなどを行う。そのほか、タオル(1500円)、手ぬぐい(東北コットンプロジェクトの綿を使用/1500円)、トートバッグ(2500円)、キャップ(2500円)などオフィシャルグッズはタキヒヨーがデザインした。売り上げは、すべて「ガマ ロック フェス」の運営に寄付する。

 「ガマ ロック フェス」では塩竃市出身の大友康平らがライブを行うほか、地元の飲食店、地酒の「一ノ蔵」や「浦霞」などがブースを設ける。