ニュース

ファーストリテイリングが豪雨災害の支援を開始 約2万5000着を寄贈

 ファーストリテイリングは11日、平成30年7月豪雨の被災地に対する支援を開始した。甚大な被害を受けた広島県、岡山県、愛媛県下の被災者に、支援物資としてユニクロまたはジーユーいずれかの商品で生活ニーズが高い衣料約2万5000着を寄贈。自治体からの要望を優先し、個人からの要望も同社の公式サイトやカスタマーセンターで31日まで受け付ける。

 7月11日時点での衣料物資の内訳は、広島県に1万1452着、岡山県に9304着、愛媛県に4975着で、男性用と女性用、子ども用のトップスやボトムス、下着、ソックス、ルームウエアなどを提供する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら