ファッション

日本限定“ディオール ブルー ドット”を伊勢丹新宿で先行披露 バッグとパンプスを限定発売

 「ディオール(DIOR)」は9月2〜15日に、伊勢丹新宿本店でウィメンズとメンズの2020-21年秋冬シーズンのポップアップストアを同時オープンさせる。本館1階ザ・ステージで開催するウィメンズは、青いポルカドットを配した日本限定のカプセルコレクション“ディオール ブルー ドット(DIOR BLUE DOT)”を先行発売する。同店限定アイテムとして、“ブルー ドット”でデザインしたブランドアイコンのバッグ“ブック トート”(29万円)とパンプスの“ジャディオール(J’ADIOR、11万4000円)”を取り扱う予定だ。これらのほかに、20-21年秋冬の一部のプレタポルテ商品も限定発売となる。なお、“ブルー ドット”は9月9日から、「ディオール」銀座店と公式オンラインストアで発売を予定している。

 伊勢丹メンズ館1階プロモーションに設置するメンズの店舗は、ファッションショーの会場を再現するように多彩なインスタレーションが施されている。また、「ディオール」1号店の壁の装飾に用いられていた“トワル ドゥ ジュイ”からインスピレーションを得て、トラスト ジュディ・ブレイム財団とコラボしてデザインされた“トワル ドゥ ジュディ(TOILE DE JUDY)”が空間を彩る。今シーズンのスペシャルアイテムとして、ネックレス(40万5000円)とキーチェーン(51万円)、ウオレットチェーン(16万円)を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら