ファッション

日本限定“ディオール ブルー ドット”を伊勢丹新宿で先行披露 バッグとパンプスを限定発売

 「ディオール(DIOR)」は9月2〜15日に、伊勢丹新宿本店でウィメンズとメンズの2020-21年秋冬シーズンのポップアップストアを同時オープンさせる。本館1階ザ・ステージで開催するウィメンズは、青いポルカドットを配した日本限定のカプセルコレクション“ディオール ブルー ドット(DIOR BLUE DOT)”を先行発売する。同店限定アイテムとして、“ブルー ドット”でデザインしたブランドアイコンのバッグ“ブック トート”(29万円)とパンプスの“ジャディオール(J’ADIOR、11万4000円)”を取り扱う予定だ。これらのほかに、20-21年秋冬の一部のプレタポルテ商品も限定発売となる。なお、“ブルー ドット”は9月9日から、「ディオール」銀座店と公式オンラインストアで発売を予定している。

 伊勢丹メンズ館1階プロモーションに設置するメンズの店舗は、ファッションショーの会場を再現するように多彩なインスタレーションが施されている。また、「ディオール」1号店の壁の装飾に用いられていた“トワル ドゥ ジュイ”からインスピレーションを得て、トラスト ジュディ・ブレイム財団とコラボしてデザインされた“トワル ドゥ ジュディ(TOILE DE JUDY)”が空間を彩る。今シーズンのスペシャルアイテムとして、ネックレス(40万5000円)とキーチェーン(51万円)、ウオレットチェーン(16万円)を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら