ファッション

六本木にアジア最大面積の旗艦店オープン 「ルルレモン」アジア市場の拡大目指す

有料会員限定記事

 カナダ・バンクーバー発のスポーツウエアブランド「ルルレモン(LULULEMON)」はこのほど、東京・六本木にアジア最大規模となる旗艦店をオープンした。同店を軸にし、日本およびアジアにおけるブランドコミュニティーの拡大を目指す。(この記事はWWDジャパン2020年7月27日号からの抜粋です)

 同店は2フロアで構成し、1階の売り場は国内最大の品ぞろえで、アスレチックウエアからオフィスシーンにも対応する日常着までを幅広く用意した。うち4割をメンズアイテムが占めることも特徴だ。2階には“スエットライフハブ”と名付けたコミュニティースペースを設け、誰でも参加ができるヨガクラスやゲストスピーカーを招いた講演会の開催など、多目的に活用していく。

この続きを読むには…
残り1056⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら