ファッション

藤原ヒロシの「モンクレール ジーニアス」 前回に続き山下智久がショートフィルムに登場

 「モンクレール(MONCLER)」のクリエイターコラボプロジェクト「モンクレール ジーニアス 2020(MONCLER GENIUS 2020)」は、藤原ヒロシとのコラボ“7 モンクレールフラグメント ヒロシ・フジワラ(7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA)”を7月2日に発売する。コレクションは一部の「モンクレール」店舗および公式EC、セレクトショップで取り扱う。

 黒を基調に黄色や青色をアクセントに使用したコレクションで、ナイロンやウールなど異なる素材を掛け合わしたデザインが特徴。ライトグリーンが印象的なアウター(21万3000円)、イギリス最古のモーターサイクルウエアブランド「ルイスレザーズ(LEWIS LEATHERS)」と製作したジャケット(39万5000円)、クール&ザ・ギャング(Kool & the Gang)のアルバムのカバーアートをプリントしたウインドブレーカー(19万8000円)、藤原のお気に入りのパリにあるレストランの経緯度がデザインされたニット(7万9000円)も同コラボに含まれている。

 また、昨年の同コラボに引き続き山下智久を起用したショートフィルムを発表する。伊東玄己が監督を務め、音楽は藤原ヒロシが6月29日にリリースした新曲「TERRITORY」を使用した。人の性格や個性が日々の選択で形成されることから“選択”をテーマに制作。動画はユーチューブで視聴できる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら