ファッション

藤原ヒロシの「モンクレール ジーニアス」 前回に続き山下智久がショートフィルムに登場

 「モンクレール(MONCLER)」のクリエイターコラボプロジェクト「モンクレール ジーニアス 2020(MONCLER GENIUS 2020)」は、藤原ヒロシとのコラボ“7 モンクレールフラグメント ヒロシ・フジワラ(7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA)”を7月2日に発売する。コレクションは一部の「モンクレール」店舗および公式EC、セレクトショップで取り扱う。

 黒を基調に黄色や青色をアクセントに使用したコレクションで、ナイロンやウールなど異なる素材を掛け合わしたデザインが特徴。ライトグリーンが印象的なアウター(21万3000円)、イギリス最古のモーターサイクルウエアブランド「ルイスレザーズ(LEWIS LEATHERS)」と製作したジャケット(39万5000円)、クール&ザ・ギャング(Kool & the Gang)のアルバムのカバーアートをプリントしたウインドブレーカー(19万8000円)、藤原のお気に入りのパリにあるレストランの経緯度がデザインされたニット(7万9000円)も同コラボに含まれている。

 また、昨年の同コラボに引き続き山下智久を起用したショートフィルムを発表する。伊東玄己が監督を務め、音楽は藤原ヒロシが6月29日にリリースした新曲「TERRITORY」を使用した。人の性格や個性が日々の選択で形成されることから“選択”をテーマに制作。動画はユーチューブで視聴できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。