ニュース

「モンクレール ジーニアス」から英デザイナーのリチャード・クインが初登場

 「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」は、2019-20年秋冬コレクション第4弾として、英デザイナーのリチャード・クイン(Richard Quinn)とコラボした「0 モンクレール リチャード・クイン」を9月12日に発売した。

 「0 モンクレール リチャード・クイン」は、“プリントの可能性”をテーマに、モンクレールの機能性とクインの大胆なプリントデザインを組み合わせた。アイテムは、フラワー、ポルカドット、レオパード、ゼブラのプリントを施したアウター、パンツ、バッグ、パンプスのほか、モンクレールロゴを施したコートやマルチカラーのダウンなど用意。

 クインは、ロンドンを拠点に自身の名前を冠したブランド「リチャード・クイン」を手掛ける。16年にセントラル・セント・マーチンズ美術大学のMAコースを卒業し、自らのブランドを立ち上げた。17年にロンドンの老舗デパートのリバティ(LIBERTY)と提携してランウエイデビュー。18年2月には、エマージングブリティッシュデザイナーとしてエリザベス女王から「英国デザイン・クイーンエリザベス Ⅱ アワード」を授与された。さらに、英国ファッション評議会が主催する「ザ ファッション・アワード2018」で、ブリティッシュ エマージング タレント(ウィメンズウエア部門)を受賞している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら