ファッション

「モンクレール ジーニアス」の2019-20年秋冬プレゼンテーション会場には全身ダウンの強者も

 「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」が2月20日にミラノで行った2019-20年秋冬コレクションのプレゼンテーション会場には、国際色豊かな著名人ゲストの姿が目立った。ネットフリックス(NETFLIX)のドラマ「ストレンジャー・シングス(Stranger Things)」で人気を集めた英女優のミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)は、オーバーサイズのダウンとパーカを合わせたワンピース姿で登場。15歳とは思えないスタイリングを披露した。タイトなワンピースにファー付きのダウンを羽織ったアレッサンドラ・アンブロジオ(Alessandra Ambrosio)や、ブラックのドレスに身を包んだパク・スジュ(Soo Joo Park)などランウエイで活躍するトップモデル達も来場。インフルエンサーのキャロリン・ダウア(Caroline Daur)やルカ・サバト(Luka Sabbat)の姿もキャッチされた。

 日本からは海外でも人気のAMIAYAや、モデルのTaikiとNOAHが参加した。18年12月までの期間限定グループWanna Oneで活躍していた韓国人グループNU'ESTのファン・ミンヒョン(Hwang Minhyun)や韓国と台湾のハーフモデルのKiwi、台湾からは歌手の欧陽菲菲を伯母に持つチェリストのNANAが訪れた。

 また「3 モンクレール グルノーブル – サンドロ・マンドリーノ」の共同制作者であるアイスランド人アーティストのフラプニルドゥル・アルナドッティル(Hrafnhildur Arnardottir)は、コレクションの世界観さながらのカラフルで印象的なレイヤードスタイルで一際存在感を放った。ニューヨーク発3人組クリエイティブ集団スパゲッティ・ボーイズ(Spaghetti Boys)として活躍するアーティストでDJのケルウィン・フロスト(Kerwin Frost)は頭から指先、足下まで全身ダウンというインパクトのあるスタイルで登場したが、動きやすさが気になるところだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。