ファッション

「モンクレール ジーニアス」記念ディナーパーティー ローラやサラ・シュナイダーらが来場

 モンクレール(MONCLER)は8人のデザイナー&クリエイターとのコラボレーションを中核とする新ブランド「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の2018-19年秋冬コレクションをミラノで発表した。それに伴い2月20日、記念ディナーパーティーをミラノのブレラ国立図書館で開催した。

 会場には、レモ・ルッフィーニ(Remo Ruffini)=モンクレール会長兼CEOをはじめ、「モンクレール ジーニアス」デザイナー8人のうちの1人であるピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ(VALENTINO)」クリエイティブ・ディレクターやロシア出身のデザイナー、ゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)、川久保玲の夫エイドリアン・ジョフィ(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)最高経営責任者、米インフルエンサーのサラ・シュナイダー、次世代ファッションアイコンとして注目されるルカ・サバト(Luka Sabbat)、モデルのナオミ・キャンベル(Naomi Campbel)、2014年ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得したスイスのユーリ・ポドラドチコフ(Iouri Podladtchikov)らが姿を現した。また、日本からはモデルのローラが訪れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら