ファッション

「ルイスレザーズ」世界初のオンリーショップが原宿にオープン

 125年の歴史を持つイギリス最古のモーターサイクルウエアブランド「ルイスレザーズ(LEWIS LEATHERS)」世界初のオンリーショップ、ルイスレザーズジャパン トウキョウショップが9月30日、原宿にグランドオープンした。店内は、木材を基調したクラシックなイメージで、代表的アイテムであるレザーのバイカーブルゾンがずらりと並ぶ。中心価格は17万~20万円。オープンを記念して「ヒステリックグラマー(HYSTRIC GLAMOUR)」とコラボレートしたTシャツ(9800円)も発売した。

 今年設立されたルイスレザーズジャパンの代表である後藤恒明・東京マネジャーは、「ファッションの街で、ブランド認知度を幅広く高める拠点にしたい」と話した。また、「ルイスレザーズ」の歴史の全てがわかる公式本(サイクルマン・ブックス / 価格6900円)が発売された。現在、「ルイスレザーズ」の国内卸先は、セレクトショップなど約40店舗。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら