ファッション

「コム デ ギャルソン」の“闇市”盛況

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は、闇市をテーマにした期間限定ショップ「ブラック マーケットBLACK MARKET」を、4月23日まで、東京・表参道のジャイル(GYRE)地下1階にオープンしている。オープンした29日には、店頭に行列もできた。

 ゲリラ的にオープンした同店では、デザイナーの川久保玲が手掛けた30種類以上のアイテムや、1980〜90年代のアーカイブの復刻、同時期に製作し未発売だった家具の中で、初期の椅子を展示、販売している。

 ファスナーやボタン、ベルトの金具まで、全てを黒で統一した「ルイスレザー(Lewis Leathers)」のライダースジャケットや、90-91年秋冬のCHICPUNK期のTシャツは当時のデザインを忠実に再現した。

 同店は東京・表参道のジャイル地下1階のフリースペース中央に売り場を構え、ショップ名にちなみ什器は全て黒で統一している。また、商品購入者には、限定のペットボトル入り飲料水をプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら