ファッション

MBが発注キャンセル問題に一石投じる メルマガ会員に販売して“三方よし” 業界慣習に喝!

有料会員限定記事

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急事態宣言が発令された4月上旬、大手セレクトショップのアーバンリサーチがOEM(相手先ブランド生産)会社へ発注した商品をキャンセルしたことがSNS上で明らかになった。証拠となるファックスの写真が拡散され、批判の声が殺到。ただし、発注キャンセルは同社に限らず、この業界では横行している。発覚から数日後にはファッションアドバイザーで、ブロガーやユーチューバーとしても知られるMBがキャンセル在庫を買い取り、自身のメールマガジン読者に販売することを発表した。素早くアクションを起こしたMBに、今回在庫を買い取った経緯や、コロナショックにより明るみに出たファッション業界の問題について語ってもらった。(この記事はWWDジャパン2020年6月22日号からの抜粋に加筆しています)

WWDジャパン(以下、WWD):キャンセル在庫の買い取りを決めた経緯は?

MB:OEM会社や仲介業をやっている方とつながりがあり、以前からOEM会社のキャンセル在庫や素材を買い取って欲しいと声を掛けていただくことがあった。今回も同様にキャンセル在庫を格安で引き取らせてもらい、メルマガの会員限定で7月上旬に販売する予定だ。

この続きを読むには…
残り2734⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら