ビューティ

ナプラが美容師向けに⼿荒れ防⽌用の「エヌドット」のハンドケア製品を20万本無償提供

 ヘアメーカーのナプラは6月12日から、新型コロナ対策で繰り返す⼿洗いやアルコール消毒で⼿荒れに悩む美容師に向けて、ハンドケア用「エヌドット モイスチャーハンドゲル」を20万本無償提供する。同製品はナプラの取引サロンを対象とし、他の直送製品とともに同梱して発送する。なお20万本の定数になり次第、提供は終了する。

 「もともと4月に入った頃から世の中の状況が一気に変化し、『今できることは何か』と考え、準備を始めた。配送は1回の注文で一定の金額を超えた際に2本ずつ配送。なるべく多くの美容室に行き届くよう、1度に2本としている。今回の『エヌドット モイスチャーハンドゲル』は、現在のところ販売の予定はない」と広報担当はコメントする。

 同製品は、⼿洗いやアルコール消毒でカサつく⼿肌に潤いを与えるモイスチャージェル。レモングラス葉⽔やヒアルロン酸の潤いをシアバターが閉じ込め、乾燥した⼿肌を優しく包み込む。さらりとした使⽤感で⽇常のあらゆるシーンで繰り返し使用でき、オイルフリータイプなので⼿先を使う仕事でもベタつきが気にならないという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら