ファッション

ケリングが反人種差別活動への連帯を表明 ジョージ・フロイド氏の暴行死を受けて

 ケリング(KERING)は、米ミネソタ州ミネアポリスで起きた黒人男性ジョージ・フロイド(George Floyd)氏の白人警官による暴行死事件を受けて、反人種差別活動への連帯を表明した。

 同社は「ケリングおよび全てのグループ・ブランドは人種差別に反対し、団結している。アメリカにおける平等のための闘いの中で、多くの命が失われた。私たちはこのような動きを看過することはしない」とコメントを発表した。

 またアメリカでの人種に基づく差別撤廃や警察の暴力を減らすことを目的に活動する、全米黒人地位向上協会/全米有色人種地位向上協会(NAACP)とキャンペーンゼロ(CAMPAIGN ZERO)に寄付も行う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。