ファッション

「ジンズ」が原点の雑貨事業から撤退 アイウエア事業に集中

 アイウエア企業のジンズホールディングスは、連結子会社のフィールグッドが運営しているウィメンズ雑貨の「ヒッチハイク(HITCH HIKE)」とメンズ雑貨の「ノーティアム(NAUGHTIAM)」の両事業から8月31日をもって撤退し、フィールグッドを解散すると発表した。

 2019年8月期の雑貨事業の売上高は前期比102%増の26億円、営業損益は1億4000万円の赤字(前期は2億4000万円の赤字)で、売上高に占める構成比率は4.3%だった。同社は撤退の理由について、「近年、成長が鈍化しており、今後の損益改善と安定した黒字化は困難との見通しから、経営資源を眼鏡事業に集中することを決断した」とコメントした。

 現在、「ノーティアム」は21店舗、「ヒッチハイク」は17店舗あり、今後閉店を進める。両業態は、バッグ、帽子、アクセサリー等の企画、生産、販売を手掛けている。

 雑貨の企画製作は、田中仁ジンズCEOが信用金庫を辞して1988年に起業した際、アイウエア事業より先に始めた事業。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら