ビジネス

ワールドがECモール「ファッションウォーカー」事業をロコンドに譲渡

 ワールドは、100%出資子会社のファッションウォーカーについて、全株式をロコンドに譲渡することで合意したと7日発表した。同子会社は、ECモール「ファッションウォーカー(FASHION WALKER)」の運営や、他社のECサイト構築などを手掛けてきた。ワールドはこれらの事業を手放す一方で、より高い成長性と収益性が見込める自社EC「ワールド オンラインストア(WORLD ONLINE STORE)」やBtoBソリューション事業に経営資源を集中する。契約締結は6月、株式譲渡は7月を予定する。

 ECモール「ファッションウォーカー」は2005年に同名の運営会社により発足。当時人気だったF1層(20〜34歳の女性)向けの赤文字ブランドとともに急成長した。その後ワールドが11年に子会社ファッション・コ・ラボ(以下、FCL)を通じて買収。19年12月には100%出資子会社のファッションウォーカーを設立して、FCLからECモール事業を移管していた。

 一方、譲渡先のロコンドは1700以上のブランドを取り扱う靴とファッションの通販サイト「ロコンド(LOCONDO)」を運営。自社のECシステムと物流施設を活用した直営EC支援サービスや物流支援サービスなども展開する。「ECモール事業に関するノウハウの蓄積が深く、(ECモール『ロコンド』との)相乗効果も大きく見込める」(ワールド広報)ことから双方の合意に至ったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら