ニュース

田中修治オンデーズ社長が2作目の著作を出版 世の中の10の“ウソ”に切り込む

 アイウエア企業オンデーズの田中修治社長は、幻冬舎よりビジネス書「大きな嘘の木の下で」を出版した。累計10万部を売り上げて、TVドラマ化された実話小説「破天荒フェニックス」に続く2作目。内容は、20歳ごろのマンガ喫茶の経営に始まり、売上高20億円に対して負債14億円を抱えた倒産寸前の眼鏡店チェーン、オンデーズを個人で買収した破天荒な人生哲学など、20年間の浮き沈みの経験で得た考え方や、オンデーズの社員に伝えてきたメッセージなどをまとめ、“幸福論のウソ”“お金論のウソ”“仕事論のウソ”“成功論のウソ”など世の中の“ウソ”を10項目にわたって展開している。296ページで、価格は1500円。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら