ファッション

眼鏡選びを楽しめる女性向けアイウエア店とは?「メガネの田中」が博多に初出店

 広島に本社を置くメガネの田中チェーンは3月19日に、福岡・博多に「メガネの田中」初の女性向け店舗「メガネの田中 博多マルイ店」をオープンする。女性に喜んでもらえるインテリア、品ぞろえ、サービスが特徴だ。

 ナチュラルカラーで統一した約40平方メートルの店舗は、商品を“リラックス”“ロマンティック”“エレガント”などブランド別ではなくファッションテイストに分けて陳列し、客が直感で眼鏡選びができるディスプレーを目指した。同社は「お客さま自身の好みが可視化されることで、スタッフによる客観的な視点での眼鏡コーディネートアドバイスが受けらる」としている。

 接客サービスの特徴は、同社が開発した眼鏡選びに役立つツールを導入していることだ。その人が好きな色から眼鏡を選ぶ「パーソナルカラー診断」、その人の顔立ちを診断して眼鏡を選ぶ「印象分析」、心理テストのように洋服の好みから眼鏡を選ぶ「ファッションテイスト診断」など、女性が楽しみながら眼鏡を選べるサービスだ。

 「顔のサイズや形と合わない眼鏡を手に取りがちだが、当社独自のツールを活用することで、自分に似合う一本が必ず見つかる。女性は眼鏡をネガティブなアイテムととらえがちだが、同店を通じて眼鏡がおしゃれのポイントになることを知っていただきたい」と話した。また、同社が独自に開発した眼鏡の定額制掛け替えサービス“ニナル(NINAL)”も導入している。

 「メガネの田中」は、全国に100店舗以上出店しているが、福岡は博多マルイが10店舗目。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら