ビューティ

「運動習慣がある人は美肌になる割合が高い」 ポーラ「アペックス」の肌分析調査で判明

 ポーラは3月11日に、パーソナライズドスキンケアブランド「アペックス(APEX)」の肌分析データから、運動習慣がある人は皮脂毛穴、毛穴エイジング、ニキビリスク、ストレスの全4項目で美肌になる割合が高いという実証結果を発表した。

 「アペックス」は1989年に誕生し、862万通りのフィッティングパターンから、 一人一人に最適化したスキンケア製品を販売。ポーラが30年間にわたって女性の肌を見続け蓄積してきた1870万件(2020年1月現在)のビッグデータを、動画解析やAI技術を駆使して、日々の研究や製品開発に生かしている。

 今回「アペックス」の肌分析において、カウンセリングシートの「運動不足」にチェックをつけた人とつけなかった人とで、肌状態が悪い~良いの5段階のスコア分布に有意な差があるかどうかの調査を行なった。5段階のスコアのうち4と5のスコアの人を「美肌」と定義し、各項目における「美肌」の人の割合を示した。調査期間は2019年7月1日から20年2月29日まで。皮脂毛穴では、運動習慣がある人が51.9%、ない人が49.7%、毛穴エイジングでは“ある人”が58.0%、“ない人”が55.4%。ニキビリスクでは“ある人”が86.7%、“ない人”が84.8%に、ストレスでは“ある人”が70.0%、“ない人”が59.6%の結果となり、外出がしづらい時でも、家の中で手軽にできる運動を取り入れることでストレスを解消し、美肌を目指すことができるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら