ファッション

「エルメネジルド ゼニア」と「フィアー オブ ゴッド」のコラボがお披露目 若いマインドを持つ男女に向けたコレクション

 高級紳士服を手がけるイタリアブランド「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA 以下、ゼニア)」とLA発のラグジュアリー・ストリートブランド「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD 以下、FOG)」による異色のコラボコレクションが3月2日、ファッション・ウイーク中のパリでお披露目された。同コレクションは、メンズスタイルの新たな方向性を探求するため、アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)「ゼニア」アーティスティック・ディレクターとジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)「FOG」デザイナーの対話により生み出されたもの。卓越したテーラリング技術とエフォートレスなラグジュアリースタイルを融合したワードローブを提案する。また、ルックには女性モデルも起用し、性別を問わず着られるスタイルに仕上げているのもポイントだ。

 アイテムのラインアップは、ノーカラージャケットと裾にファスナーを配したハイウエストのスラックスを合わせたスーツや、“ワンサイズで誰にでもフィットする”をコンセプトにしたチェスターコートやステンカラーコートから、「FOG」ならではのフォントで背面に「ZEGNA」とあしらったレザーのボンバージャケット、大きなパッチポケットが印象的なシャツ、極薄のスエードで仕立てたシャツジャケット、両ブランドのロゴを並べたジップアップブルゾン、ニットのヘンリーネックトップスやフーディー、ウォッシュドジーンズ、プルオーバー、トラックパンツ、ウエスタンスタイルのアンクルブーツ、スリッポンまで多彩。どのアイテムも黒やメランジグレー、トープなどを中心に、カシミアやウール、ギャバジン、シルクといった「ゼニア」が誇る上質な素材を用いている。

 コラボのきっかけについて、ロレンゾ=デザイナーは「約2年前に友人を介して知り合い、すぐに意気投合した。その時から将来的に一緒に何かに取り組むとお互いわかっていたし、会話の中から自然に発展したものだ」とコメント。「キーメッセージは、ラグジュアリーとはそれぞれがどう感じるかであり、それは自由だということ。洗練されたエレガントなものでありながら、極上の快適さを実現することで、今という時間や時代を定義することを試みた。コレクションは、ただ『ゼニア』と『FOG』のスタイルをミックスするというよりも、メンズスタイルに新たな方向性を示すものになっている」と話す。一方、サルトリ=アーティスティック・ディレクターは「知り合う前からビジュアルやコレクションを通して彼(ロレンゾ)のクリエイションは知っていたし、とても好きだった。極めて重要だったのは、新しい世代の向けた新たなメッセージを伝えることを目指し、幅広い対話の中から2人でゼロから作り上げたこと。それぞれのクラフツマンシップとクリエイティビティーを生かすことで、お互いにとって新しいものが生まれた。若い世代はもちろんだが、年齢は問わず、若々しいマインドを持った人に届けたい」と語る。今後については、「私たちの対話はまだ始まったばかりだ」と継続していくようだ。

 コラボコレクションは、9月に発売予定。「ゼニア」の一部ブティックとオンラインショップに加え、世界の厳選されたセレクトショップで取り扱われる。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら