ファッション

“ナイキ エア フィアー オブ ゴッド”の第2弾コレクション 今回も新作コラボスニーカーが登場

 「ナイキ(NIKE)」は4月30日、ジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)が手掛ける「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」との第2弾コラボコレクション“ナイキ エア フィアー オブ ゴッド(NIKE AIR FEAR OF GOD)”を発売する。「ナイキ」公式サイトと公式アプリ「NIKE SNKRS APP」、東京・青山にあるナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)のほか、一部店舗で取り扱う。

 アメリカのロードトリップをテーマに、昨年12月に発売した第1弾コラボコレクションのアイテムを春夏仕様にアップデート。サイドをスナップボタンにしたテックフリース素材のウォームアップパンツ(2万5000円)や、フロント中央にスウッシュロゴを刺しゅうしたフーディー(2万2000円)、ロング丈のナイロンパーカ(5万円)、NBAのロゴ入りアイテムなどをラインアップした。

 また、今回も前回に引き続きメインプロダクトとしてスニーカーを用意。“エア フィアー オブ ゴッド レイド”(1万9000円)と名付けられた同スニーカーの着想源は、ストリートバスケ用として1992年に発売された“エア レイド(AIR RAID)”で、理由についてロレンゾ=デザイナーは「高校2年生の時に同級生が履いていたのを見た瞬間に欲しいと思った。グレーとブラックの色使いやアッパーの交差するストラップに惹きつけられ、“エア レイド”をきっかけにスニーカーカルチャーを知るようになったから」という。オリジナルのクロスストラップの特徴を残しつつ、シューレースをアッパー全体から履き口付近のみとするなど、ロレンゾ=デザイナーらしくシンプルながらディテールにこだわったデザインに仕上げた。

 なおルックブックには、“エア フィアー オブ ゴッド レイド”のほかに第1弾で登場した“エア フィアー オブ ゴッド 1”の新色なども確認できるが、30日には発売しない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら