ニュース

追記:フェムテック関連イベントが続々 タブーなきウーマンウェルネスの世界

【追記2月26日】新型コロナウイルス拡大の影響を受け、イベント「フェムテック デイ@IoT女子会」は延期(時期未定)、「フェムテック フェス!」は午前の部と午後の部のトークショーは中止とし、13〜18時にフェムテック製品の展示を無料で行います。

 女性の体に関する課題を、テクノロジーを使って解決する“フェムテック”。月経や妊活、セクシャルケア、医療など、さまざまなカテゴリーを含むこの言葉に対して、カラーの異なる2つのイベントが都内で開催される。IoTの視点から語るもの、国内外の製品やサービスを紹介するものなど、これまでタブーとされて口に上る機会が少なかった領域まで踏み込み、女性の心と体について語り合う。

秋葉原のIoT女子イベントでフェムテックを語る

 スタートアップ企業などがプロダクト開発や事業推進を行うコミュニティースペース「DMM.メイク アキバ」を運営するDMM.comは、2月29日に「フェムテック デイ@IoT女子会」を開催する。同社は2017年から、IoTをはじめとしたテクノロジーに関心のある女性によるコミュニティーイベント「IoT女子会」を開催しているが、フェムテックをテーマに据えるのは初めて。同社企画担当者は「世界的に注目を集めるダイバーシティーを考えたが、その前に、これまでクローズアップされてこなかった女性に関連したフェムテックをやるべきだと考えた」と語る。

 イベントには「ビューティテック(BEAUTYTECH.JP)」の矢野貴久子・編集長やLINE公式アカウントを連動させた生理用品のセレクトEC「イルミネート(ILLUMINATE)」を運営するハヤカワ五味・ウツワ代表などが登場。フェムテックに特化した合同会社を設立したAminaフェルマータCEO、フェムテックメディア「ランドリーボックス」を運営する西本美沙・代表らによるパネルディスカッションも実施。スタートアップ企業によるプロダクト展示、アイデアシェアを交えた交流会も行う。

■フェムテックDAY@IoT女子会
日程:2020年2月29日
場所:DMM.make AKIBA
住所:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12階
開館時間:14:00~19:00(17:30からは交流会)
定員:80人(応募者が多い場合は抽選)
入場料:500円

大盛況のフェムテックイベントが全国を行脚

 上記の「フェムテック デイ@IoT女子会」にも登場するAminaCEO率いるフェルマータは、「フェムテック フェス!」を3月1日に開催する。19年9月に初めて開催した同フェスでは、セミナーのほか国内外から26の企業が参加して最新プロダクトを紹介した。定員いっぱいの100人の一般客が訪れてにぎわい、なかにはベビーカーを押した子連れの女性もいたという。

 好評を受け、今年は全国18都道府県21都市で順次開催する。3月1日のフェアでは実際に製品に触れることができる展示会のほか、日頃の悩みを発散するためのワークショップなども実施。陣痛のトラッキングデバイスを展開する「ブルームライフ(BLOOMLIFE)」の共同創立者であるエリック・デイ(Eric Dy)CEO、おりものの粘度で受精タイミングを調べるデバイスを開発した「ケグ(KEGG)」のクリスティーナ・カホジョヴァ(Kristina Cahojova)創立者など海外の企業家も登場する。

■Femtech Fes!
日程:2020年3月1日
場所:Edge of 2階
住所:東京都渋谷区神南1-11-3
開館時間:10:30~18:00
入場料:午前の部1000円、午後の部3000円