ファッション

「タケオキクチ」が「エドウイン」とコラボ ビジネスマンに向けたデニムパンツ

 ワールドグループのエクスプローラーズトーキョーが展開する「タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)」は2月20日、「エドウイン(EDWIN)」のデニムパンツ“エドウイン・デニスラ”とのコラボモデルを発売する。

 働き方改革に伴う服装のカジュアル化や自由化の導入により、スタイリングに頭を悩ませるビジネスマンに向け、パンツの穿き方からはじまる新たなスタイルを漫画家の弘兼憲史が描く「島耕作」を通じて提案。

 同モデルは、ジャケットと合わせるとベストなバランスとなるスタイルを目指し、「エドウイン」の日本国内自社工場で製作。型崩れや色落ち、色褪せしにくいオリジナル生地を採用し、スマートフォン専用ポケットやシャツのすべり止めがついた裏地など、ビジネスシーンに適した機能も配した。カラーはチャコールグレーとベージュの全2色展開。価格は1万6000円。「タケオキクチ」の公式オンラインストア、一部店舗で取り扱う。

 発売を記念して、“働き方と穿き方を改革する”をテーマにしたポップアップストアを西武池袋本店と高島屋横浜店で2月19日〜3月3日に、高島屋新宿店で2月20日〜3月3日にオープンする。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら