ファッション

12年ぶりに増床する御殿場アウトレットがリゾート型滞在施設へ 売上高1000億円に王手

有料会員限定記事

 三菱地所・サイモンが運営する静岡県の「御殿場プレミアム・アウトレット(PO)」は、4月16日に増床リニューアルする。第4期増設エリアとしてアウトレット日本初出店を含む新規88店舗をオープンするほか、メリーゴーラウンドなどを備える有料の遊園施設を作る。同施設の2019年3月期の売上高は946億円(弊紙推定)。この増床で郊外のショッピングセンター(SC)として初の売上高1000億円超えがほぼ確実になる。昨年12月には隣接地に小田急グループがホテルと温泉施設を開業。SCの枠を超えた多機能商業施設へと進化しつつある。(この記事はWWDジャパン2020年2月10日号からの抜粋です)

 同施設は現在、店舗面積4万4600平方メートルに210店舗が出店し、2000年7月の開業以来、延べ1億7000万人(19年3月期まで)が訪れた。今回新たに1万7000平方メートル増床。合計で6万1000平方メートルになり、面積で日本最大のアウトレットになる。新たに「イザイア」「ヌメロ ヴェントゥーノ」「トム ブラウン」などが国内アウトレットとして初出店。ヴァージル・アブローの「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー」が期間限定で出店するなど、感度の高いラインアップだ。

この続きを読むには…
残り1874⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら