女優ケイト・アプトンが「ゲス」創業者から受けたセクハラの詳細を公表

社会情勢

2018/2/9 (FRI) 09:00

 女優のケイト・アプトン(Kate Upton)はポール・マルシアーノ(Paul Marciano)=ゲス(GUESS)共同創業者兼エグゼクティブ・チェアマン兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーから受けたセクハラの詳細を明らかにした。

 アプトンは1月31日、「女性にセクハラするために権力を行使することがあってはならない。『ゲス』のようなウィメンズを代表するブランドが、マルシアーノにクリエイティブ・ディレクターという権力を与えていることに心底がっかりする」といったコメントをハッシュタグ「#metoo」とともに自身のツイッターやインスタグラムに投稿していた。

 投稿の中ではセクハラの詳細に触れなかったが、1週間の沈黙を破り「タイム(TIME)」誌に詳細を語った。アプトンによると、2010年7月に「ゲス」のランジェリーキャンペーンの撮影に参加した際に、マルシアーノに胸をわしづかみにされるなどのセクハラ行為を受けたという。2回目の撮影時にはマルシアーノからホテルの部屋に来るよう執拗に要求され、その翌日、アプトンは撮影から外された。所属事務所はアプトンが太りすぎたためだと「ゲス」側から説明を受けたという。

 「ゲス」の数多くの広告を手掛ける写真家のユー・サイ(Yu Tsai)もアプトンの話を認めている。

 一方でマルシアーノは、アプトンへのセクハラ行為を否定。「『ゲス』と取締役会の捜査に100%協力することを約束する」と話した。マルシアーノは過去にも2件のセクハラ疑惑をかけられていたが、「ゲス」の取締役会は調査の結果、セクハラ行為を裏付けする証拠が見つからず事実認定ができないという結論に達した。アプトンの事案については2件の調査を行った後に明らかとなったため調査は行われていないが、正式に訴えが起こされ、必要性があれば調査を行うと説明している。「ゲス」のスポークスウーマンからはコメントを得られなかった。

 アプトンの投稿や一連の報道を受けて、ゲスの2月1日の株価は前日の終値から17.7%も下落した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 幸せに満ちたメーガン妃のブライダルメイクは「ディオール」新ライン

    ブライダルイベント新ブランド・新ライン PR
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  4. LVMH関連会社が運営するシンガポール発エンタメレストラン「セラヴィ」が日本初上陸

    企業動向商業施設企業タッグオープン日本上陸
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false