ビジネス

渋谷パルコ、9日間で売上高十数億円に 「2G」は3日間で3億円

 12月25日に発表したパルコの2019年3〜11月期決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比32.8%増の880億円、営業利益が同24.5%増の101億円、純利益は同1.8%減の53億円だった。増収の大半は、渋谷パルコのオフィスフロアの売却額217億円によるもの。純利益の減少は時計専門店などを展開する子会社ヌーヴ・エイの苦戦によるもの。

 店舗別では渋谷パルコの売上高が、同2.5倍の28億1500万円になった。決算上の渋谷パルコの売上高には、パルコが店舗開発を手掛けた「ベルシュカ」渋谷店の売り上げなども含まれているため、渋谷パルコが建て替え期間中も売上高を計上してきた。ただ、増収分の大半は11月22日に建て替えオープンした渋谷パルコの売上高と見られ、渋谷パルコは開業からわずか9日間で十数億円を売り上げたことになる。関係者によると、好調テナントの一つギャラリーとファッションの複合業態「2G」は、「3日間で3億円を売り上げている」という。渋谷パルコは初年度で年200億円の売上高を計画していた。

 また、渋谷パルコは地下1階〜地上10階までが商業フロア、12階〜18階がオフィスフロアになっており、オフィスフロア部分の売却先は不動産デベロッパーのヒューリックになる。

 最大店舗の名古屋パルコは同99.9%の251億円、吉祥寺パルコが同2.0%増、調布パルコが2.4%増、小型業態のひばりヶ丘パルコは10.5%増と好調だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら