フォーカス

新生・渋谷パルコに幸多かれ

有料会員限定記事

 11月22日の開業から2日後の日曜日の夜、渋谷パルコ10階の屋上庭園ではコーネリアスのシークレットライブが開催されていた。冷たい雨が降り注いだ開業日の朝とは異なり、気持ちのいい風が屋上庭園を吹き抜ける中、メロディアスでクールなセットリストは抽選100人のコアなファンを歓喜させた。ライブには渋谷パルコの営業メンバー、旧渋谷パルコの古参社員、リニューアルを指揮した泉水隆・常務執行役や渋谷パルコ店長の柏本高志執行役ら経営幹部も姿を見せた。話しかけると泉水常務は上機嫌な口ぶりで、9階に入ったライブストリーミングスタジオ「スーパードミューン」にテクノ界のレジェンド、ジェフ・ミルズの登場が決まったことを明かし、「いいでしょ。こんな商業施設、他にある?」。(この記事はWWDジャパン2019年12月2日号からの抜粋です)

 2016年8月の建て替え工事に伴う閉鎖から約3年。渋谷パルコは、関係者の想像をはるかに超えるパワーアップを果たし、帰ってきた。開業前の11月19日に行った内覧会の夜のレセプションパーティーには、業界関係者7000人が詰めかけ、一時は代々木公園近くまで長蛇の列を作った。グラウンドフロアの1階は「グッチ」「ロエベ」の常設店、「ディオール」と「リモワ」がコラボレーションしたポップアップショップ、藤原ヒロシが第1弾のディレクターとなったジュンのポップアップショップ「ポップ バイ ジュン」、「ミスター・ジェントルマン」のデザイナー2人が復活させた伝説的なレコードショップ「ウェイヴ」などが並び、ラグジュアリーとストリートが渾然一体となったフロアに仕上がった。もう一つの目玉である地下1階の飲食フロアは、ビブグルマン獲得シェフによる新業態や昆虫食、ゲイバー、純喫茶、レコードショップ、ギャラリーなどを狭く入り組んだ区画に並べ、まるで新宿ゴールデン街のような佇まいを作った。地下1階から10階まで、ファッションとアート、カルチャー、フード、エンタメを文字通りカオスにミックスした前代未聞のアグレッシブなフロアとテナント構成は、ファッション業界関係者の度肝を抜き、その多くが興奮気味に賛辞を送った(「WWDジャパン」11月25日号参照)。こうした評価が株式市場にも波及したのか、パルコの株価は開業日前日の21日に年初来最高値を更新し、親会社のJ.フロント リテイリングも11月26日に同じく最高値を更新した。

この続きを読むには…
残り1078⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む