ビューティ

主役は「オーシャントーキョー」 2019年ヘアサロン業界を振り返る

有料会員限定記事

 「平成」が終わり、「令和」がスタートした激動の2019年も残り2週間足らず。ヘア業界を振り返ると、途切れることなく話題を集めたのが、人気サロン「オーシャントーキョー(OCEAN TOKYO)」だ。多くのヘアサロンが新卒採用に苦戦する中、「オーシャントーキョー」の採用面接には原宿・キャットストリートを埋め尽くすほどの行列ができていたという、その勢いは止まらない。当社の公式サイト「WWD JAPAN.com」の、ビューティ関連記事の19年(1月1日〜12月10日)の注目度ランキング(ユーザーがサイトを訪問した回数などから算出)でも、「オーシャントーキョー」関連のニュースが、1、2位をはじめトップ10に4本の記事がランクインした。これだけの注目を集める理由は、“露出”の仕方にあった。(この記事はWWDビューティ2019年12月19日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1160⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら