ファッション

「MCM」が初のジュエリーコレクション デザイナーのロバート・タテオシアンとコラボ

 ドイツ発ライフスタイルブランド「MCM」は12月23日に、ジュエリーデザイナーのロバート・タテオシアン(Robert Tateossian)とコラボしたコレクションを発売した。全国の「MCM」直営店で取り扱う。

 同コレクションは、「MCM」の消費者におけるブランドイメージの拡大と、スタイリングと自己表現の幅を広げることを目的に製作。「MCM」がジュエリーを手掛けるのは初めて。

 アイテムは、「MCM」のシグネチャーデザインや2020年春夏コレクションに合わせたデザインに、英国に伝わる伝統的なジュエリーメイキングの職人技を融合させたメンズとウィメンズのジュエリーをそろえる。独・ミュンヘンのディスコシーンやベルリンのアイコニックなテクノクラブをインスピレーション源に、ステンレススチール、スターリングシルバー、18Kゴールドのマテリアルを採用したネックレス(3万3000〜25万9000円)やピアス(3万〜24万4000円)、リング(20万3000円)、ブレスレット(2万2000〜23万9000円)、ピン(1万5000円)などを用意した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら